北半球/暖秋か?

総観的に北半球を見てみると「なんじゃ、こりゃ~!」ということになっています。
画像


先日、台風号が通過して下層に冷涼で乾燥した空気を西から運んできて、ここ数日は秋めいていますね。
でも太平洋も日本海も北日本近海の海水温が平年より5~6℃も高い。
画像


太平洋高気圧が、まだまだパワーをもらって頑張れるから、極地方の寒気の南下は抑制されそうです。
つまり、暖秋になると考えられます。

さらに、注目すべきは北極海の海氷は観測史上最も少ない面積にまで溶解してしまっています。
極地方では、太陽光の反射が少なく、海水が凍るときに凝結熱を奪うので極地方の寒気は蓄積されにくい・・・
画像


海水はすぐには冷えませんから、アリューシャン海域で低気圧が発達しやすくなります。
冬型になると海水からの水蒸気補給を受けて降雪量は多くなる・・・

極寒にはならないけど、大雪になりやすい、そんな冬になりそうな予感がします。
秋分の日を過ぎて昼の時間がどんどん短くなり、これから冬に向かいます。

太平洋の海水にこれだけの熱が蓄積されています。
南北の温度差がエネルギー源である温帯低気圧の猛発達など波乱含みの秋になりそうです。

この記事へのコメント

綿数
2012年12月12日 08:57
ブログ、もう更新しないのですか?
もしそうだとしたら残念です。
コタツお父さん
2013年02月21日 21:40
更新止まって永いですね どこか具合でも悪いのですか?早く治して以前のように頑張ってください
コタツお父さん
2013年11月14日 07:41
再起動求む
皆さん待っていますよー
コタツお父さん
2013年12月28日 18:18
間もなくお正月ですよ~

この記事へのトラックバック