風の誘いU Mind of Shikoku

アクセスカウンタ

zoom RSS 変革イノベーション

<<   作成日時 : 2012/07/14 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

原発は止めるべきだ・・・デオッちはこの立場を支持します。
あんな危ないものは嫌だという感情論ではありません。
画像


エネルギーの原発依存率を何%にするかという現実的選択ではこの国は変革しないと思うからです。
原発も嫌、増税も嫌、電気料金の値上げも嫌・・・
画像


じゃあ、どうするんだ・・・そこが議論の出発点であってほしい。
変革には痛みを伴うのは当然、でも先送りしたところで解決はしない。
画像


老朽化した原発は廃炉し、安全性の担保された新しい原発を再生エネルギーの比率が増加するまでの期間だけ再稼働し、将来的に脱原発を目指す・・・が「現実的」との評価か?
画像


社会やエネルギー政策やライフスタイルの変革のチャンスと捉えるべきではありませんか?
経済や雇用に対する影響は甚大であることは容易に想像がつきます。
画像


安全リスクと経済リスクを天秤にかけるような議論はいかがなものか?
金で買えない価値もあるはずなのに・・・
画像


1973年の「石油ショック」経験世代の方ならおわかりでしょう。
ガソリンが一挙に3倍の価格になり、町のネオンもテレビ放送も24時で消えた。
画像


そのおかげで世界最高水準の燃費の車と省エネ家電が生まれ経済が再生しました。
社会が変わるのには「インパクト」が必要なのです。
画像


原発の代替エネルギーを作り出す技術感性とイノベーションを軸に経済再生するべきです。
議論は大切だけど現実論からは何も生まれません。
画像


デオッち世代はまだ「戦後」で物のない時代に育ちました。
町にコンビニもスーパーもなく、家に電話もない時代でした。
画像


それでも心は貧しくありませんでした。
電気の利便性は捨てるべきではないけど、贅沢は捨てるべきです。

画像
 お願い  ランキングに参加中です。Please Push! ←

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
変革イノベーション 風の誘いU Mind of Shikoku/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる